株式会社 アリエス

ariesrf.exblog.jp ブログトップ

2012年 01月 30日 ( 1 )

計画

今日の朝はとても冷え込んでいましたね。昼頃までは風もなく良かったのですがお昼を過ぎた頃から風も少しでてきましたので一段と寒く感じました。皆様、風邪やインフルエンザに気を付けてくださいね。
さて今日は、先日御相談がありました案件の市街化調整区域での住宅の建替案件の打ち合わせに行ってまいりました。
お客様の祖父が昭和49年頃に購入したお住まいと倉庫を建てられたお住まいを建替えを考えてのご依頼です。マンションで5人家族暮らしで手狭になってきたのと、お子さんの成長と共に部屋が必要になり又、御両親との同居のために計画されたそうです。
まず下調べをしてからの訪問をさせて頂きました。色々な条件がある中で開発許可をクリアできる事をお伝えしました。

開発審査会基準第16号
■相当期間適正に利用された住宅のやむを得ない用途変更
 原則として、都市計画法に基づく許可を受けて建築された後、相当期間適正に利用された住宅のやむを得ない事情による用途変更で、申請の内容が次の各項に該当するものとする。

 1 原則として、建築後10年以上適正に利用された1戸の専用住宅が、社会通念上やむを得ない事情により譲渡され、それを譲り受ける者が、自己の居住用として使用すること。

 2 現住宅を譲り受ける者の現在居住している住居について過密、狭小、被災、立ち退き、借家等の事情があること。

 3 用途変更後の住宅は、原則として1戸の専用住宅であること。

各県で条件は変わりますが、愛知県の場合上記内容で計画を進する事が出来るという事です。次回は、測量と計画に進めてまいります。
[PR]
by k_aries | 2012-01-30 20:42 | リファインくわな ハート便り

住夢(ジューム)


by k_aries
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー